末端冷え性

末端冷え性には『3首(さんくび)』

体を冷やすな

いつの間にか、体の末端が冷えている。
夏冬無関係に、いつもどこかしら冷えている。

 

思い起こせば、子供の頃から冷え性だったけど、
大人になってからますます冷え性が加速した気がします。
しかも、自覚のない間に冷えていることが多い。

 

とくに、夢中で座業(PCワークとか趣味とか)してる時に、
足首あたりを触ると、氷のように冷たくなってたりする。
たまたま人と手が触れて、
「つめたッ!」とまるで氷を触ったかのようなジェスチャーをされることも多い。
真冬なんて、死人のように冷たい。手足の感覚がなかったりするし。

 

「無意識の冷え」ってけっこう怖いもんです。
知らず知らずのうちに血行不良になってるっていう証だし、
末端の血行不良は、脳梗塞や虚血、貧血にもつながる。

 

とくに血管が細いわけでもないんだけど、
血圧は常に低めで、病院で採血するときは
「血の出が遅いですねえ、血圧が低いからかな?」とか言われる。

 

冷えは万病の元とも言われるので、
温めると冷えが改善されるという『3首』を温めることにした。
『3首』とは、「首・手首・足首」のことだ。
ここを重点的に冷やさないよう、日常気を付けるようにした。

 

そしたら、劇的に冷え性が改善しました。
顔色がもともとあまり良くないんだけど、目の下のクマも減ったし、
全身ポカポカだと、免疫力もアップ、体調もいい。
体温がほんの少し上がるだけで、免疫って大幅にアップするらしく、風邪もひきにくくなる。
とにかく、冷え対策をするのって、いいことづくめなんです。

 

さいきんは女性だけでなく、
男性の末端冷え性も多いらしいです。
でも意外と本人は気が付いていないことが多いみたいで。
女性も男性も更年期だったりすると、ホテリなんかで冷えに気づきにくくなるそうです。

 

性別や年齢に無関係に、
『3首(首・手首・足首」』を冷やさないようにして
隠れ冷え症に負けないカラダをつくりたいものです。

ホーム RSS購読 サイトマップ